新年明けましておめでとうございます

新年初っ端から長文ネタ(読まなくて結構)

戦後70年という大きな節目を過ぎ、1年後には、平成30年を迎えます。
僕も三十路を控え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、情報発信者としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、思いを致すようになりました。
本日は、社会の高齢化が進む中、僕もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、情報発信者という立場上、現行の法令に具体的に触れることは控えながら、僕が個人として、これまでに考えて来たことを話したいと思います。
ブログ開始以来、僕は執筆行為を行うと共に、日本国憲法下で日本国民と位置づけられた情報発信者の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者として、これを守り続ける責任に深く思いを致し、更に日々新たになる日本と世界の中にあって、日本のネットが、いかに伝統を現代に生かし、いきいきとして社会に内在し、人々の期待に応えていくかを考えつつ、今日に至っています。
そのような中、昨年のことになりますが、通院を始め、加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から、これから先、従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合、どのように身を処していくことが、国にとり、読者にとり、また、僕のあとを歩む若手ブロガーにとり良いことであるかにつき、考えるようになりました。既に28を越え、幸いに生きているとは申せ、次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって情報発信者の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています。
僕がブログを始めてから、ほぼ10年、この間僕は、我が国における多くの喜びの時、また悲しみの時を、人々と共に過ごして来ました。僕はこれまでブログ執筆者として、何よりもまず読者の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。僕が情報発信者であると共に、読者の閲覧対象としての役割を果たすためには、僕が読者に、情報発信者という僕の立場への理解を求めると共に、僕もまた、自らのありように深く心し、読者に対する理解を深め、常に読者と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において、北海道の各地、とりわけ遠隔の地や内地への旅も、僕は僕の情報発信者的行為として、大切なものと感じて来ました。若手ブロガーの時代も含め、これまで僕が行って来た全道に及ぶ旅は、道内のどこにおいても、その地域を愛し、その共同体を地道に支える市井の人々のあることを僕に認識させ、僕がこの認識をもって、僕として大切な、読者を思い、読者のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした。
僕の高齢化に伴う対処の仕方が、執筆行為や、その情報発信者としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます。また、僕が重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、僕の行為を代行するゴーストライターを置くことも考えられます。しかし、この場合も、僕が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで僕であり続けることに変わりはありません。
僕が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように、更新が停滞し、読者の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでのネットのしきたりとして、ウェブサイトの終焉に当たっては、重い各種解約・削除作業が連日ほぼ2ヶ月にわたって続き、その後残務に関連する作業が、1年間続きます。その様々な行事と、新時代に関わる諸行事が同時に進行することから、行事に関わる人々、とりわけ残される若手ブロガーは、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが、胸に去来することもあります。
始めにも述べましたように、僕は国政に関する関心を有しません。そうした中で、このたび我がブログの長い歴史を改めて振り返りつつ、これからもこのブログがどのような時にも読者と共にあり、相たずさえてこのネットの未来を築いていけるよう、そして情報発信者の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに僕の気持ちをお話しいたしました。
読者の理解を得られることを、切に願っています。
~~ここまでいけ図々しくも天皇陛下のおことば丸パクリ~~

ここからようやく新年の挨拶と報告と愚痴とその他色々

さて皆様半年振りにこんにちは。あけましておめでとうございます。昨年も皆様の御支えのおかげで生き延びることが出来ました。そんな皆様に対して僕は引越し作業をサボるという恩をあだで返すようなしようをしてしまい申し訳ありませんでした。でももう残ってる記事は面白いのが無いので期待しないでお待ちください。
前回暑中見舞いで書いたように今は病気の治療中。ネタが無くて本当に困りました。でもまあ去年の始めには大量摂取していた頓服もここ3箇月ほどは1錠も服用せずに済んでおり、明らかに病状は快方へ向かっていると感じます。でも前回治療に半年と書いたのにまだ治療は道半ばと感じることもしばしばあるところでございます。匿名希望様も高血圧治療を着々進められているということでお互い頑張っていきましょう。
そんなことでこの半年間のネタは過去ネタ(しかも小ネタ)の掘り出しと、再訪もの。もうこのブログはオワコンで~す!読者の皆さん急いで他のサイトに避難してくださ~い!と言いたくなるような圧倒的オワコン感。今は療養中だからしょうがないという言い訳も出来ますが、たぶん完治してもしばらくはこの体たらくでいると思います。なぜならこの1年で驚くほど体力が落ちているんです。日々衰えを感じえたぐらい脆弱になってるんです。一応これからリハビリの努力はしますが、もしも戻らなかったら……考えたくは無いけど年齢的には十分ありえるから引退も視野に入れていることを仄めかしておきます。10年前ブログを始めたころは本当にただの日記だったのですが、いつの間にやら小探検記録ばかりとなっていました。そうした今その役割を果たせなくなったら。価値あるものを生み出せなくなったらもうインターネット上における僕の役割は終わったということであり引退もやむをえないと思うのです。そうした中昨年夏には天皇陛下が生前退位の意向を示され、それが自分と重なって冒頭の丸パクリ雑文を書くにつながったわけです。
新年早々ちょっと話が暗くなってきたのでこの半年間の動向をば。ろくにネタも無いくせに暇を一体何に使っていたのかというとずっと家でおとなしくしてました。夏の間はEuro Truck Simulator 2というゲームにはまってました。ゲームにはまるなんて何年振りでしょう。トレーラートラックのドライブシミュレーションゲームなんですけど、酒飲んでからやると「やっぱり飲酒運転は危険だな」と確認する変な楽しみ方を編み出しました。秋から冬にかけてはウィキペディアの編集にはまってました。といってもちゃんとした内容の編集はほとんどせず、荒らしを差し戻したり管理者に通報したり不適切な記事を削除依頼に出したり誤字を修正したり……一言で言うと雑務ですね。荒らし発見のために更新状況を頻繁に確認していたんですけど、企業や個人の宣伝が多いですね。そして十中八九削除されますね。よくあるのはしょうもないYou Tuberの宣伝。チャンネル登録1桁、動画再生数2桁でYou Tuber名乗れるんだったら僕もYou Tuberだよ、全く。こういうのは特筆性に欠けるとして削除されるのでやめてね。あとウィキペディアは「管理者」という権限を持った一部の人たちが様々な重要な仕事を行っているんですが、管理者不足が顕著だなあと思いました。通報しても対応されずに放置されたり、依頼が溜まったり。まあ管理者もボランティアだから贅沢は言えないけど。完全に冬が到来してからは車であちこちドライブに出かけることが多くなりました。それでついこの間冬の林道に夜中に一人で行くという良い子は絶対に真似してはいけない行為をしたらまたバンパー壊しちゃって、年末年始は修理で暇なしです。とはいってもFRPやパテが硬化するのを待ったり塗装が乾くのを待ったりかなり暇だったりするんですけどね。
ああそうそう、JR北海道が赤字路線を大量に廃線するぞって言ってますね。これが実行された場合困ることを僕の立場から書かせてもらいます。おそらく廃線路線はほぼ100%バスか乗り合いタクシーになると思います。そうなると困ること。路線バス事業はJRではなく地元企業に託されるでしょうから廃線は路線図から消えます。するとすべての路線網を網羅した路線図が無くて困るんです。いまでも路線バスはそれが不便ですもん。JRは路線バスの路線図を作ってくれるんですか?な訳ないですよね。あと地方の路線バスって独自ルールを何の広報活動も無く取り入れてたりするじゃないですか。たとえば路線バスのくせに予約しないと乗れないとか、そもそも予約してないとバスが来ないとか、来ても手を挙げて合図しないと止まってくれないとか。合理化とか何か色々と事情があってやってるんでしょうけど全く見知らぬ土地でこれに出くわすと本当に大変な目にあうんですよね。もうひとつバスの不満はバス停の表示。時刻表に「このバスは○○海岸から××峠間は停車しません」と書かれても目的のバス停がその区間に入っているのか全く知る手がかりが無いんですよね。バス停の名前自体もしょっちゅう変わるし(○○集会所前が××公民館前になったり)。最後の愚痴。バスは列車に比べ輪行しづらい。こちとらただでさえ山道具・キャンプ道具で荷物いっぱいなのに自転車という粗大物を置くスペースがバスには無い。っていうか面倒くさいから出来ればサイクルトレインみたいにばらさず乗せたい。どうせ客の少ない路線なんだし。今書いてて思ったんだけどサイクルトレイン化すれば存続できそうな路線ってあるんじゃない?
もう全く新年の挨拶に書くことじゃないんですが、去年の新年の挨拶のとき。タクシーの画像をたくさん貼ってからちょっとタクシーがプチブーム中なのでちょっと語ります。今現在タクシーのシェアは8割がトヨタ。トヨタがタクシーとして売り出しているのはクラウンセダン・クラウンコンフォート・コンフォート、それにプリウス。クラウンコンフォートとコンフォートは既に生産終了が決まっていてクラウンセダンもそれに追従するでしょう。のこるプリウスは車内が狭かったりしてドライバーにはあまり人気が無いそうです。それで今度次世代のタクシー車両としてJPN TAXIを今年中に発売すると発表しています。この新型タクシーはシエンタをベースにしたバンタイプの車。これでプリウスも駆逐されトヨタのタクシーはJPN TAXIに一本化されそうですね。ちなみにバンでもサイドミラーはフェンダーミラー。トヨタさんわかってますなあ。一方去年の新年の挨拶で貼ったのは日産のクルー・セドリック・セドリック営業車・グロリア。いずれも生産は終了済み。では日産はタクシーから手を引いたのかというとそうではなくてこちらも次世代タクシーNV200をトヨタに先んじて販売しています。こちらもバンタイプの車。すでにニューヨークではイエローキャブと独占契約を結び、条件の厳しいロンドンタクシーにも導入されています。北海道でも札幌圏とその周辺では見かけるようになっていますよね。次世代のタクシー対決はトヨタより日産の方が一歩リードした形となっています。ちなみにJPN TAXIもNV200もLPGの設定がありますので、LPG業界も安泰ですね。それから両車ともバンなのでタクシー=セダンというイメージは10年後にはなくなっているかもしれません。もっとも一部の保守的な利用者・ドライバーはセダンを使い続けるかもしれませんが。今後数年でタクシー車両がどう変わっていくのか気になりますね
では最後に去年1年間僕が飲んできたお薬を振り返りながらさようなら。静脈注射は写真無いです。病名が分からないように画像はぼかしています。でも薬剤師さんなら分かっちゃうかな?あっ、これ全部を常に服用していたわけではないですよ。病院変えるたび薬が変わったり体に合う薬の組み合わせを探したり。常に服用していたのは1日8種18錠+頓服だけです。だけって言っても1日18錠はかなり薬漬けの生活ですね。
20160217225556DSC_000-21.JPG 20160217225704DSC_0003-2.JPG 20160217225806DSC_0005-2.JPG 20160219185314DSC_0004-2.JPG 20160219185410DSC_0005-2.JPG 20160222201528DSC_0038-2.JPG 20160306144940DSC_0001-2.JPG 20160306145212DSC_0003-2.JPG 20160306145318DSC_0005-2.JPG 20160306145454DSC_0007-2.JPG 20160306145714DSC_0008-2.JPG 20160306145952DSC_0011-2.JPG 20160306150238DSC_0015-2.JPG 20160306150404DSC_0017-2.JPG 20160306150530DSC_0019-2.JPG 20160306150658DSC_0021-2.JPG 20160310201548DSC_0001-2.JPG 20160310201716DSC_0003-2.JPG 20160310223658DSC_0005-2.JPG 20160327151832DSC_0022-2.JPG 20160327151908DSC_0023-2.JPG 20160327151954DSC_0024-2.JPG 20160327152104DSC_0025-2.JPG 20160327152144DSC_0026-2.JPG 20160409215426DSC_0031-2.JPG 20160424234746DSC_0038-2.JPG 20160424235112DSC_0039-2.JPG 20160424235158DSC_0040-2.JPG 20160424235244DSC_0041-2.JPG 20160506214954DSC_0062-2.JPG 20160506215104DSC_0063-2.JPG 20160612173016DSC_0003-2.JPG 20160725231722DSC_0008-2.JPG 20160916191108DSC_0007-2.JPG


コメント

  • 匿名希望
    匿名希望
    2017-01-01T01:02+09:00(JST)

    謹んで新年のお慶びを申し上げます。
    昨年中は大変お世話になりありがとうございました。
    本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

    私は頭が悪く、難しいことは分からないので、あまり無責任なことは言えませんが、
    ブログの運営などは、管理人様が思われる通りにするべきだと思います。
    私としては、こちらのブログが末永く続いてほしいですが、
    所詮は傍観者でしかない私などが、あまりあれこれと申し上げることはできません・・・・・・・
    ただ、これまで管理人様が公開されてきたこと、探索されてきたことは、
    いつまでも輝きを放ち続けるものと、私は信じております。

    最終的に削除されてしまったとしても、管理人様がこれまで探索され公開されてきたことは、
    いつまでも我々閲覧者の胸に、最高の感動という形で残り続けます。
    ですので、どうかあまり深くお考え過ぎず、心の負担を軽減されてください。

    さて、本題に入りますが、目下のところ私も高血圧治療中といったところです。
    と申したいのですが、日々の仕事が忙しく必要以上に疲れてしまうことが最近多くなりました。
    そのため、日々薬を服用しなければならないのを、完全に怠るようになってしまいました。
    挙句の果てに、もはや病院にすら行かず、自らの終焉を待とうと決意しました。
    とはいえ、わざわざ無理に終焉を迎える度胸もなく、流れるままに任せています。
    治療に励むと申しながら、実情は治療を放置する有様で、顔向けできない始末です。

    私自身、今はまだ長距離ドライブさえも、体力的に負担で不可能でありますが、
    いつかまた若いころのようにエネルギーが戻れば、調査に乗り出したいと思っています。
    もしかしたら、それこそが私の一番の治療薬なのかなあ・・・・・・・

    管理人様との約束を平気で破るような、人間の屑にすら及ばない私ですが、
    こんな匿名希望めでもよろしければ、またよろしくお願いしてあげてください。
    長文になってしまいましたが、それではこの辺で失礼いたします。

  • アバター
    Morigen(管理人)
    2017-01-01T22:04+09:00(JST)

    今年も明けましておめでとうございます。
    年賀状を1枚も書かなくなった今匿名希望さんが唯一文面で新年の挨拶を交わす相手になりました。
    今年は酉年、大きく羽ばたく1年になるよう祈念いたします。

    さて今後のブログと僕のありようについて長々駄弁らせていただきましたが、このような世迷言に対し暖かいお言葉を頂けお心遣いが痛み入ります。
    でもまあそんなにすぐに判断するべきことではないと自認していますので、これからも自分の心身や社会環境を考慮しつつ、長い時間をかけて結論を見つけていく所存でございます。
    しかし始まりがあれば必ず終わりがあるわけで、いずれ来るそれについてただ今提起したまでです。

    それでお体の方は……そうだったのですね。
    怒らずにお読みください。
    正直憤りを覚えました。
    匿名希望さんがこのブログをお読みになりこうしてコメントを下さるということは、匿名希望さんの脳内の幾片かは僕のために使われています。
    つまり僕の体はもはや僕だけのものではなく、もし僕が消えれば匿名希望さんにも何らかの影響があるわけです。
    同じく僕にとっても匿名希望さんは僕の脳内の幾片かを占めてします。
    とりわけ読者の少ないこのブログにとってはとても大きな存在です。
    職場や交友関係ではもっと大きな影響を持っているでしょう。
    匿名希望さんの体は匿名希望さんだけのものではありません。
    匿名希望さんはご自身を屑にすら及ばないと評価していますが本当にそうなのでしょうか。
    病院通いも毎日何度も薬を飲むのも大変なのは僕も承知しています。
    しかしそれを妨げて仕事に充てさせるのが常態化し人の健康を軽んじるような会社なら辞めっちまえと思います。
    我々は仕事のために生存しているのではありません。生存のために仕事をしているのです。
    僕は以前上からの圧力に耐えられずうつ病を患ったことがあります。
    そのときは事前に「取るべき対応」があったのにもかかわらず怠り、本当に大変な目にあいました。
    「取るべき対応」をしなかったことは今でも深く後悔し、思い出すたび心が張り裂けそうに傷みます。
    僕は匿名希望さんには「取るべき対応」を取ってほしいです。
    将来後悔をしないよう生きてほしいです。
    薬の服用も通院も止め、ましてや「自らの終焉を待とうと決意」だなんて、今すぐあなたの元に行って直接説得したいぐらいです。
    高血圧は病気の一歩手前です。健康の大切は病気にならねば分かりません。
    薬を飲みましょう。病院に行きましょう。やれることはすべてやりましょう。
    一度失われた健康はもう二度と取り戻せないこともあります。
    健康第一を忘れないで下さい。
    多くの人々が匿名希望さんに影響を受けていることを忘れないで下さい。
    とにかく僕はどんなにか匿名希望さんの早い回復と末永いご健康を切に願ってやまないということだけは忘れないでいて下さい。
    本当に生意気で出すぎたことを長々と垂れてしまい申し訳ありません。
    もしこのコメントにお怒りならば最高の侮蔑を以って罵って下さってもかまいません。
    ただ僕は匿名希望さんに健康でいてほしいだけなんです。

  • 匿名希望
    匿名希望
    2017-01-02T00:36+09:00(JST)

    ご返信いただきまして、ありがとうございます。
    まさか、こんな私のことを、そこまで思ってくださるとは・・・・・・・
    怒りだなんてとんでもありません。心からの感動を覚えました。
    あまり安易な約束はしたくありませんが、あえて申しましょう。
    もう一度、高血圧治療に従事しようと思います。
    ご忠言のとおり、やれることはすべてやろうと思います。
    申し訳ないのは私のほうです。頑張ってみます。
    そして、お互いに元気になりましょう!
    私は、自分に対して親身になってくださる方を、今度こそ大切にしようと思います。
    心の底から嬉しかったですよ。これからの活力になります!